年齢を重ねても若いうちと同じような食事を摂っている人

年齢を重ねても、若いうちと同じような食事を摂っている人は、メタボリックシンドロームにかかりやすいといいます。メタボリックシンドロームの基準は、内臓型肥満であること、血圧、血糖値、血中脂質のどれか2つが基準値をオーバーしていることです。メタボリックシンドロームの状態がいつまでも続くと、糖尿病や高血圧症状など身体的なトラブルが発生する可能性が高くなってしまいます。メタボ体型からスッキリとした体型になるためには、無理をしない方法でダイエットすることをおすすめします。普段の生活の中で多少体重が増えたからといって特に支障が無いとしても、メタボ体型であればやはりダイエットすることが大切です。断食すれすれまで食べる量を減らしたり、厳しい運動を長時間続けるよりは、毎日少しずつダイエットをすることです。リバウンドのリスクが高い短期間のダイエットを何度もするよりは、スパンの長い無理のないダイエットのほうがおすすめです。日頃の食事内容を改善すること、運動不足にならないように体を動かすことがポイントです。ダイエットをしている時は、野菜中心のメニューにすること、しょっぱい味つけにしすぎないことです。メタボリックシンドロームの改善として、目安は毎日野菜を400gは摂取することです。食事を変えるだけでも、ダイエットには効果的です。意識して野菜を増やすことにより、脂質の摂取を減らすことになり、ダイエット効果が期待できます。運動については、有酸素運動でないと脂肪を燃焼させることができないので、ダイエットとして成り立ちません。有酸素運動とは、ウォーキングやジョギングなど、長時間できる運動です。ダイエットのためには、1日20分以上は運動をしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ