減量におすすめのもとはキャベツ

キャベツによる減量に挑戦してみました。一番簡単で上手くキャベツが食べれるように何だかんだ試してみました。日々のちゃぶ台に飽きずにキャベツを吐出し積み重ねるためには、キャベツのレパートリーを持っておくといいでしょう。では、キャベツは軽く洗って、生のままでざく切りとしていきます。食べ方は、少量のドレッシングをかけるのみなので、時間もかからず、すぐに出来上がります。生のキャベツを食べるときの普通は、千切りかもしれません。分厚い千切りというか細い千切りとでは歯ごたえが違うし、ざく切りはまた違う味覚だ。キャベツ減量では、量のあるざく切りが推奨されていらっしゃる。家族みんなで1/2個のキャベツを蒸して摂る蒸しキャベツも、減量にはいいでしょう。命とは違った風味を楽しむことができます。1人で食べる場合は、4分の1くらいにカットして、1枚ずつ水ですすぎます。キャベツだけでもいいのですが、豚肉やベーコン、もやしなどと一緒に蒸すといった、よりおいしくいただけます。シリコンスチーマーの箱や、下が深めの皿にキャベツや肉を入れ、幅で加熱するだけで、おいしいクッキングができます。減量である為、豚肉やベーコンは落ち着きの本数にした方が無難です。味付けはお好み塩分かポン酢などがしばしば合います。減量プログラムには、ソーセージとキャベツの入ったスープもいいでしょう。キャベツとソーセージを、スープの工具にちょうどいいがたいに切って煮込むだけで終了だ。スープの味つけは濃くならないように、コンソメや、塩分のみでもおいしく食べることができるでしょう。低いカロリーで食いでが欲しいというお客様は、キャベツをスープに使って潤い服用にも役立てましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ