米国での経歴に関して

とっても国内とアメリカの功績由縁はことなる界隈が多いといいます。とりわけ極めて違うと呼べるのは、学歴がUSAでの新卒の功績には思い切り重要だと考えられていることです。日本では功績での学歴差別をなくすために、学歴を重視しない配役産物を取る法人が多く見られます。大学院を卒業していても功績に有利に上るわけではありません。院卒奴の初任給も新卒と同じほどという法人が一般的だといわれています。転職後上がる一生性を一番に考え、業種知識があるかないかは関係ないポテンシャル配役が、日本の企業配役の特徴です。それとは逆に、修士号やマニア号を持っているほうが功績に恵まれるのがUSAだ。新卒も専門的な腕前とキャリアを持っている、即戦力ですことを重視します。どんなことをユニバーシティで専攻していたかにも焦点がおかれますし、数字もチェックされます。USAでは銀行に採用される新卒は、販売専攻、環境学専攻、金融専攻のクライアントがほとんどです。一方日本では、どの学部で学んだかはさほど重視されません。ユニバーシティ時代の数字もアメリカの功績では重視されるので、一所懸命生徒は勉強に努めます。嬉しい数字を得るためにも、大量の宿題をこなし、ザクザク告白が求められる授業に所属し、論文や邪魔をこなしていく身の回りが、USAでは功績に直結していらっしゃる。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ